ファイナリストの進路・活躍

尾澤 愛実さん

ozawa

Webを作ることが夢中になれるほどの好きなことだと発見できた~

高校: 芝浦工業大学柏中学高等学校
大学: 慶應義塾大学 環境情報学部(AO入試合格)
大学院: 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 修士課程 修了
所属: 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(Webディレクター、商品企画)勤務

コンテストの経験は、大学進学や今の職業やこれまでの進路にどのような影響がありましたか?

ThinkQuestでWeb教材を作る経験から、ITと学習を組み合わせることで、学習が楽しくなる過程を自ら経験し、興味を持ちました。ThinkQuestの経験をベースにIT×学習を研究テーマとし、AO入試で大学に入りました。学生時代はさまざまな学習サービスを作りましたが、最終的には中高生を対象とした電子教科書と連動した学習目的でのWEB検索・ブラウジング支援システムを構築していました。将来はこうしたサービスを世に出すためにWEBサービスのディレクション力や人を巻き込む力など多方面の分野 ・スキルを身につけたいと思い、就職先にリクルートを選びました。今なお、ITで学習・知識の幅が広がる楽しさ・経験をサービス化したいと思い行動し続けています。

これまでの歩みを振り返り、コンテストに参加して学んだこと、得た成果は何だったでしょうか?

WEBページを作ることが夢中になれるほどの好きなことだと発見できたことが一番の成果だったと思います。学生時代に時間をかけて最後までやりきった経験は私にとって大事な経験だったと同時に、いろんなことを学んだ体験であったと思います。

この経験は、その後のご自身の学習活動や仕事にどのように活かされていますか?

現在Webディレクターとして働いています。担当サービス(テーマ)への理解やどんな人に見てもらうかを考慮するなど、Webページを作るうえでのベースとなる考え方は当時も今も同じなのではないかと思います。プロジェクトマネジメント能力や最後までやりきる力、チームワークなどいろんなことを学びました。今思うとThinkQuestはいろんな要素が含まれていたコンテストだったと思います。

今後、WEB上の学習コンテンツをもっと活用できる検索サービスやまた自分のように好きなことを見つける機会として、探究学習推進をはじめ、キャリア・進路支援にも関わりたいと思っています。近い将来、自分でサービスを立ち上げ、学習分野でのIT活用促進に貢献したいと考えております。

受賞作品