ファイナリストの進路・活躍

濱田 芙実さん

hamada

Web制作で学んだプログラミングや国際大会での経験を通じて、さらに技術を高めていきたいと思った。

高校: 神奈川大学附属高等学校
大学: 東京工業大学 第一類 在学中

コンテストの経験は、大学進学やこれまでの進路にどのような影響がありましたか?

私はWebコンテストに二度参加し、二回とも主にWebデザインを担当していました。その中でJavaScriptなどのプログラミング言語に触れる機会も多くあり、その経験を通してプログラミングに興味を持つようになりました。大学ではゲーム制作やプログラミングなどの活動をするサークルに入り、様々な分野の技術を学んでいます。

これまでの歩みを振り返り、コンテストに参加して学んだこと、得た成果は何だったでしょうか?

Webコンテストでは、一年弱という長い期間、チームで協力しながら一つの作品を制作します。 この経験を通して、複数人で一つのものを作り上げることの大変さ、そして完成した時の達成感を経験することが出来ました。 また、Webページ制作では、プログラミングやイラスト制作、文章制作などの様々な作業を分担して行います。その中で各々が自分の得意分野を生かして働くことが大切だと実感できました。さらに、e-ICONへの参加を通して国外のレベルの高さを知り、さらに技術を高めたいと思いました。

この経験は、その後のご自身の学習活動にどのように活かされていますか?

Webコンテストでの文章制作を通して、他人に自分達の研究内容をわかりやすく伝えることの難しさを実感しました。自分達にとっては当たり前のことでも、他の人からするとそうではないことがあるからです。だから、他人に何かを伝える際には、出来る限り相手の目線に立ち、工夫して伝えることを心がけています。

受賞作品