FAQ

チームの最小人数は生徒3人、コーチ1人、最大人数は生徒5人、コーチ1人です。ただしコーチについては任意でアシスタントコーチ1名をつけることができます。(アシスタントコーチの有無および情報については、作品提出時に記載します。)
できません。1人の生徒は1チームにしか参加できません。
できます。コーチは、自分がサポートできる範囲で複数のチームを受け持つことができます。
どのようなテーマの作品を作りたいと思っているのか、また自分の得意分野 は何か(デザイン、文章執筆、イラスト、写真、HTML編集)等の情報を整理した 上で事務局にご相談下さい。参加校の中に一緒にチームを組める生徒やコーチが いるかどうかの声がけをするなど、マッチングのお手伝いをします。なお、保護者もコーチになることが可能です。
参加できます。ただし、同じチームのコーチおよびリーダーはメールアドレスの登録が必要です。

よいです。当コンテストはHTMLのコーディング作業を競うものではありません。

よいです。当コンテストはHTMLのコーディング作業を競うものではありません。なお、サイトプロフィールには、テンプレートを利用した旨の記載をする必要があります。
チームのメンバーが撮影したものであれば利用できます。メンバー以外の人が作ったものを利用する場合は、許諾を得て利用(転載)する必要があります。あわせて、作品内およびサイトプロフィールに著作権情報として記載する必要があります。
よいです。ただし、その部分は審査対象外です。また利用にはそれぞれ条件がありますので、該当のルールを順守した上で利用するようにして下さい。作品に埋め込む目的や必要性についてよく考えて利用するよう注意しましょう。またその旨サイトプロフィールに記載する必要もあります。
よいです。ただし利用する場合は外部のWebサービスの利用する場合の条件を遵守する必要があります。なお、SNS内のつぶやきやコメント自体は審査の対象にはなりません。
できません。当コンテストへの応募作品を別のWebコンテストに出品する場合は、当コンテストへの参加を棄権(キャンセル)する旨、事務局までお知らせ下さい。棄権の連絡を受けた後、該当チームに用意したコンテストサーバーの領域とアカウントを削除します。判断ができない場合は、事務局までお問い合わせください。
コーチは、直接作品制作に関わってはいけません。例えば英語ページを手伝う、プログラミングを手伝うといったことを含め、コーチが制作を手伝ってはいけません。(これは例えば作文コンテストでコーチが一部書く、添削する、と同じ行為になります。)ルール:コーチの要件およびコーチの役割をお読み下さい。
できません。応募作品は、当コンテストで用意するサーバーにアップロードして提出となります。WordPressはサーバーにインストールして利用するCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)であり、当コンテストサーバーでは、ルールでサーバーサイドの技術は利用できないとしています。あわせて参加者がコンテストサーバーに、勝手にソフトウエアをインストールすることもできません。

審査が終了するまで、作品の更新はできません。ただし、セミファイナリストチームについては、最終審査開始前に、作品の改良期間を設けますので、審査員のコメントを参考にしながら作品の更新、改良を行うことができます。