ThinkQuestタイトル トップページサイトマップ
検索 ヘルプ
移動

ThinkQuestとは

News

マスコミによる紹介

紹介資料一覧

参加者データ

プライバシー

推進体制

このサイトについて

資料請求

お問い合わせ



▼サブメニュー

最新のニュース
2013年のニュース
2012年のニュース
2011年のニュース
2010年のニュース
2009年のニュース
2008年のニュース

2007年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース

2006年のニュース





2011年5月31日

各位

特定非営利活動法人
学校インターネット教育推進協会
(JAPIAS :ジャピアス)


第14回全日本中学高校WebコンテストThinkQuest JAPAN
 (シンククエスト・ジャパン)

 【 中学生の部 】【 高校生の部 】
参加チーム募集のお知らせ

優秀な作品に文部科学大臣賞、経済産業大臣賞、総務大臣賞を授与

─────────────────────────
ThinkQuest は、チームを作り、自分達の興味のある
 テーマでWeb作品を作って競い合うコンテストです!

─────────────────────────

ThinkQuest は、生徒とコーチが一つのチームを作り、約半年間かけて、自分達の興味のあるテーマでWeb作品を作り、その出来ばえと制作過程を競うコンテストです。

各チームが作るWeb作品は、 それぞれが選択したテーマに基づいて調査や取材を行い、その結果をとりまとめて表現するものとなりますが、一つの条件として、他の生徒達がそのテーマについて「学ぶことができる内容・仕組み」になっているものでなければなりません。

学ぶ人の気持ちを十分に考えながら、自分達も教える立場でテーマをさらに深く探求していく -- このコンセプトは、他では見られない ThinkQuest の大きな特徴です。

────────────────────────────
カテゴリーが変わり、新たに「問題解決」が追加されます。
────────────────────────────

これまで細かく分類されていたカテゴリーを5つの分野別カテゴリーに集約するとともに、新たに「問題解決」というカテゴリーが追加されます。

5つの分野別カテゴリーについては、他の生徒達がそのテーマについて学習できるようになっている教材Web作品とし、「問題解決」については、分野を問わず、現実に存在する解決すべき問題を取り上げ、問題点とその解決策、解決に至るまでのプロセス等を資料やデータなどに基づき論理的に提示するものとします。

その他、昨年度との違いについての詳細は、次のページをご確認下さい。

▼昨年度と今年度のコンテストの違いについて
http://thinkquest.jp/14tqj/Point.html

───────────────────────────
ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式を開催!
───────────────────────────

中学生の部・高校生の部それぞれにおいて上位10チームがファイナリストに選ばれ、東京で開催される「ファイナリストプレゼンテーション」に参加します。これを受けて最終審査が行われ、授賞式にて結果が発表されます。

ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式は2012年3月上旬を予定しています。

今年も、全国各地からのたくさんのご応募をお待ちしております。

───────────────────────────────────
募集要項

(1)名 称 :
 
第14回全日本中学高校WebコンテストThinkQuest JAPAN
(シンククエスト・ジャパン)

(2)主 催 :
 
特定非営利活動法人 学校インターネット教育推進協会(JAPIAS)

(3)共 催:


(財)インターネット協会(IAjapan)

(4)後 援 :

文部科学省、総務省、経済産業省、全日本中学校長会、
全国高等学校長協会、日本私立中学高等学校連合会、
(社)日本PTA全国協議会、読売新聞社

(5)協 力:

(財)コンピュータ教育開発センター(CEC)
(財)消費者教育支援センター(NICE)
(社)日本教育工学振興会(JAPET)
(社)日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)
(社)日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
クリエイティブ・コモンズ
CSS Nite
情報ネットワーク教育活用研究協議会(JNK4)
教育とコンピュータ利用研究会(ACE)
早稲田大学IT教育研究所・ジェリック
WIDEプロジェクト
企業・ウェブグランプリ

(6)期 間 :

2011年5月〜2012年3月

申込・作品制作期間 :2011年 5月31日〜11月24日
(参加申込締切    :2011年 7月15日)
(提出作品のエントリー登録期間
              :2011年 7月29日〜11月17日)
作品提出締切           :2011年11月24日
作品改良締切           :2012年 1月13日
受賞結果発表           :2012年 3月上旬予定

(7)参加資格 :

日本国内外の中等教育機関(中・高等学校など)に在籍し、2011年4月1日現在、12才〜17才であること。

チーム構成は、生徒3〜6名+コーチ1名(任意でアシスタントコーチ1名を追加できる)。チームを構成する生徒は、違う学校(違う国)の生徒でも良い。コーチは、教育職または専門職として勤務している者、 またはパソコンスクール等の教育機関でコンピュータ等の教育をする者、またはチームメンバーの保護者。

(8)応募部門 :

中学生の部、高校生の部

「科学・数学」「芸術・文学」「社会科学」「スポーツ・保健」「学際(複数の分野にまたがるもの」)の分野別カテゴリー、または「問題解決」から選択すること。

上記5つの分野別カテゴリーについては、他の生徒達がそのテーマについて学習できるようになっている教材Web作品とすること。「問題解決」については、分野を問わず、 現実に存在する解決すべき問題を取り上げ、問題点とその解決策、解決に至るまでのプロセス等を資料やデータなどに基づき論理的に提示すること。

作品は、第14回コンテスト開催期間中に制作された未発表作品に限る。「問題解決」については、 Webという形式に限らず、内容自体が未発表のものに限る。(他のコンテスト、 コンクール等で発表した内容をWebにしたものは対象とならない。)

(9)審 査:

 「コンテンツ」「文章記述と構成、表現の工夫・機能」 「独創性」 「学習への配慮、または、提言の論理性」「コラボレーション」「影響・効果」「出典・引用の明記」 「適切なメディア選択」「英語ページによる発信」 「プレゼンテーション」など10の基準に基づき審査。

(10)賞: 

中学生の部、高校生の部のそれぞれの部門において上位10チーム、合計20チーム程度を「ファイナリスト」として表彰。 両部門を通じて最も優秀な作品1点に最優秀賞および文部科学大臣賞を授与。その他優秀作品に総務大臣賞、経済産業大臣賞、日本オラクル特別賞、ベストドメインネーミング賞(JPRS特別賞)などの各賞を授与。

(11)使用言語:

日本語と英語

(12)Webサイト:

http://thinkquest.jp/

────────────────────────────────
■お問い合わせ先

特定非営利活動法人
学校インターネット教育推進協会(JAPIAS)事務局

〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-1-11 カドラービル4F
Webサイト:http://japias.jp/  E-mail:sec @ japias.jp
TEL:03-3983-9391 FAX:03-5956-5510
────────────────────────────────