ThinkQuestタイトル トップページサイトマップ
検索 ヘルプ
trans.gif
移動
trans.gif

Think Quest

▼ThinkQuest JAPAN

参加のルールと手引き

参加申込

作品制作

作品提出

審査

各賞・ライブラリー化

FAQ

参加申込フォーム

参加者アナウンス

JPドメイン申込フォーム

corner
第14回全日本中学高校Webコンテスト ThinkQuest JAPAN 日本語によるコンテスト開催のご案内

1. 参加のルールと手引き

  1-1. 募集要項
→ 1-2. 昨年度と今年度のコンテストの違いについて
  1-3. ルール
  1-4. 利用引用情報および参考文献の表記方法
  1-5. JPドメイン名の登録と利用について
  1-6. 学校関係者の皆様へ
  1-7. 作品内に設置する掲示板の利用について
  1-8. サーバーの利用規定
  1-9. クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの利用について
  1-10. サイトのアクセス分析について

1-2. 昨年度と今年度のコンテストの違いについて

ThinkQuestJAPAN では、次の点が昨年度から変更されました。

1.規定部門、自由部門の区分がなくなります。

【昨年度】
* 中学生の部(規定部門)
* 中学生の部(自由部門)
* 高校生の部(規定部門)
* 高校生の部(自由部門)

【今年度】
* 中学生の部
* 高校生の部

これまで、Webサイトを構成する技術・内容を(X)HTML、CSS、静止画像に限定した「規定部門」、Webサイトを構成する技術・内容に制限を設けず自由に作品制作ができる「自由部門」の2つの区分を設けていました。

この背景には、限られた時間の中で、技術的な側面よりも、サイトの情報や内容を重視したいチームは「規定部門」を選び、技術的な側面を含めて挑戦したいチームは「自由部門」を選ぶ、という目的がありました。

しかしながら、テンプレートや制作ツールの進歩・普及などにより、Web制作における技術的なハードルが低くなり、規定/自由の境を分ける必要がなくなってきているものと考えています。

ThinkQuestは「プロジェクト型の学習を推進する」ことを本来の目的とするものであり、技術的なスキルを競う場を目指しているものではありません。

従いまして、規定/自由の区分をなくすことにより、「(X)HTML、CSS、静止画像」のみで構成された作品が不利になるものではありません。

各チームは、規定/自由の区分を意識せず、自分たちのテーマ・内容を伝えるための適切な表現方法について考え、作品制作を進めるようにして下さい。

ページの先頭へ戻る

2. カテゴリーが変わり、新たに「問題解決」が追加されます。

【昨年度】
* 芸術・娯楽
* 書籍・文学
* ビジネス・産業
* コンピュータ・インターネット
* 地理・旅行
* 健康・安全
* 歴史・政治
* 数学
* 哲学・宗教・神話
* 科学・技術
* 社会・文化
* スポーツ・レクリエーション

【今年度】
* 科学・数学
* 芸術・文学
* 社会科学
* スポーツ・保健
* 学際(複数の分野にまたがるもの)

* 問題解決

これまで細かく分類されていたカテゴリーを5つの分野別カテゴリーに集約するとともに、新たに「問題解決」というカテゴリーを追加しました。

「科学・数学」から「学際」までの5つの分野別カテゴリーについては、他の生徒達がそのテーマについて学習できるようになっている教材Web作品とします。

「問題解決」については、分野を問わず、現実に存在する解決すべき問題を取り上げ、問題点とその解決策、解決に至るまでのプロセス等を資料やデータなどに基づき論理的に提示するものとします。

作品は、第14回コンテスト開催期間中に制作された未発表作品に限ります。「問題解決」については、Webという形式に限らず、内容自体が未発表のものに限ります。(他のコンテスト、コンクール等で発表した内容をWebにしたものは対象となりません。)

審査基準においては「学習への配慮、または、提言の論理性」という審査項目のみ次のように基準が分かれる形になります。

・学習への配慮:5つの分野別カテゴリーのための審査基準
・提言の論理性:「問題提起」カテゴリーのための審査基準

昨年度、国際コンテストに大きな改定があり、「問題解決」に対するアプローチを作品として表現するものとなりました。今年度の ThinkQuest JAPAN では、この新しい国際コンテストの要素を取り入れることを考え、「問題解決」カテゴリーを追加することにしたものです。

不明な点がありましたら、事務局までお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る

最終更新日:2011年5月31日