ThinkQuestタイトル トップページサイトマップ
検索 ヘルプ
移動

Think Quest

▼ThinkQuest JAPAN

参加のルールと手引き

参加申込

作品制作

作品提出

審査

各賞・ライブラリー化

FAQ

参加申込フォーム

参加者アナウンス

提出作品エントリー(コーチ専用)

JPドメイン申込フォーム

corner
第13回全日本中学高校Webコンテスト ThinkQuest JAPAN 日本語によるコンテスト開催のご案内

2.参加申込(2006/11/14 締切)

  2-1. コンテストの流れ
→ 2-2. 活動内容とスケジュール
  2-3. 申込から受付受理までの手続き

2-2.活動内容とスケジュール

ThinkQuest JAPAN は、生徒とコーチが一つのチームを結成し、半年から1年をかけてWeb作品を作り、その制作過程と出来栄えを競うコンテストです。

ここでは、活動の内容とスケジュールの例を示します。

Step 1

チームを結成し、参加申込を行う。(5月〜7月15日)

※参加申込締切:7月15日17時

  • ルール審査基準を確認する。
  • メンバーを結成する。(異なる学校の生徒同士でチームを結成することもできる。)
  • テーマと概要を決定する。
  • コーチは、メンバーの生徒全員から「保護者の同意書」を集め、保管する。
  • コーチまたはチームの代表者1名(チームリーダー)は、メンバーの情報を取りまとめ、参加申込フォームから参加申込を行い、受理通知(コンテストサーバーのアカウント情報を含む)を受ける。

Step 2

計画を立てる。(6月〜7月)

  • サイトの構造、内容、デザインについて計画を立てる。
  • メンバーの役割分担を決める。
  • スケジュールを作成する。

Step 3

作品制作を行う。(6月〜10月)

  • サーバーの利用規定を確認した上で、サーバーの利用を開始する。
  • 情報収集・取材等を行い、内容となる文章を作成する。
  • 自分たち以外の人が作った素材を利用する場合は、著作権の確認をする。利用にあたって許諾が必要な著作物の場合は許諾をとる。 (著作権情報を記載したページを作成する。)
  • サイトのデザインおよびHTML編集を行う。

Step 4

作品を公開し、PR活動を行う。(10月)

  • サイト公開日(10月30日)を目標に作品をコンテストサーバーにアップロードし、公開する。
    (※10月30日までに公開できなくても失格にはならない。)
  • JPドメイン名の登録を行う。(任意)
  • 公開した作品のPR活動を行い、ユーザーからのフィードバックを作品に反映させる。

Step 5

提出作品のエントリー登録を行い、提出する。(8月〜11月24日)

※作品のエントリー登録期間:7月29日〜11月17日
※作品の提出締切:11月24日17時

  • コーチは、提出する作品のエントリー登録を行う。(5チームを超える参加がある学校については校内選考を行い、提出チームを5チームに絞った上で、エントリー登録を行うこと。)
  • 提出作品のエントリー登録後、コーチはサイトプロフィールを提出する。
    (サイトプロフィールおよび作品の2つが提出されないと、審査対象にならないので、余裕をもって提出すること。)

Step 6

1次、2次審査終了後のセミファイナリスト発表後、セミファイナリストに選ばれたチームは、作品改良をはじめとする課題を行う。(12月下旬〜1月中旬)

※セミファイナリストの課題締切:1月13日17時

  • セミファイナリストに選ばれたチームは、以下の二つの課題を行い、改めて作品の提出(コンテストサーバーへのアップロード)とマーケティングレポートの提出をする。
    • 審査員からのアドバイスを踏まえ、作品の改良を行う。
    • 作品のマーケティング活動を行い、レポートを作成する。(任意)
  • 『ベストドメインネーミング賞』 に応募するチームは登録したドメイン名をどのようにアピールしたかについてのレポートを提出する

Step 7

ファイナリスト選考後、ファイナリストに選ばれたチームは、プレゼンテーションの準備をする。(2月上旬〜下旬)

  • ファイナリストに選ばれたチームは、「ファイナリストプレゼンテーション」で発表する資料をパワーポイントで作成し、1週間前までに提出する。

Step 8

ファイナリストに選ばれたチームは、ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式に参加する。(2月下旬)

  • ファイナリストに選ばれたチームは、ファイナリストプレゼンテーションにおいて作品についての発表を行うとともに、最終審査員との質疑応答を行う。
  • これを受けて最終選考会が行われ、授賞式にて結果発表と、文部科学大臣賞をはじめとする大臣賞、特別賞ほか各賞の授与が行われる。

ページの先頭へ戻る